遺産相続に困っていませんか?!銀行預金や保険金などの遺産相続手続きがラクラク完了
遺産相続の戸籍謄本等
遺産相続の戸籍謄本等
戸籍謄本等の疑問解決
原戸籍とは
除籍謄本とは
戸籍の附票とは
相続人について
相続人の範囲
本当にあなた1人?
相続関係説明図とは
実際の遺産分割の仕方
未成年者がいる時
行方不明者がいる時
借金が多い時の選択肢
放棄手続の仕方
銀行預金の相続
不動産の相続
当サイトご利用について
当行政書士事務所概要
代行お申し込みについて
お申し込み前の注意事項
遺産相続手続きに必要な戸籍謄本等の取り寄せ代行
遺産相続手続き代行コース
  借金が多い時の選択肢

亡くなった方の遺産を調べてみたら、プラスの遺産はほとんどなく、逆に借金などのマイナスの遺産の方が多いかもしれない・・・というようなケースがあります。

こういった場合、あなたが選ぶ選択肢としては3通りあります。

1つ目は、単純承認 (プラスもマイナス遺産も全てを相続すること)

2つ目は、限定承認 (プラスの遺産の範囲内でマイナス遺産を相続すること)

3つ目は、相続放棄 (プラスの遺産も借金も全てを相続しないということ)

       どれをを選択するかは、あなた次第となります。

 単純承認を選択した場合
単純承認とは、簡単に言うと、相続の開始(亡くなったこと)を知った日から原則3ヶ月以内に、家庭裁判所への何らかの手続きをしないと、自動的に財産も借金も全てを相続する事になることを言います。

つまり、相続開始を知った日から3ヶ月間、何もしないと単純承認したことになるのです。

 限定承認を選択した場合
限定承認とは、簡単に言うと、相続の開始(亡くなったこと)を知った日から原則3ヶ月以内に、家庭裁判所に限定承認の手続きをすることです。

 相続放棄を選択した場合
相続放棄とは、簡単に言うと、相続の開始(亡くなったこと)を知った日から原則3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の手続きをすることです。

ただ単に、『 私は相続放棄をします 』 と宣言するだけでは、借金取りなどの債権者から逃れることはできません。

詳しくは、相続放棄の仕方をご覧下さい。
スポンサーリンク

遺産相続(全体的な流れ)
ページ 内 容 一 覧

遺産相続の戸籍謄本等戸籍謄本等の疑問解決原戸籍とは除籍謄本とは戸籍の附票とは

相続人の範囲本当にあなた1人?相続関係説明図とは

未成年者がいる時行方不明者がいる時借金が多い時の選択肢放棄手続の仕方銀行の相続不動産の相続

お申し込み前の注意事項| |遺産相続手続き代行コースはこちらからプライバシーポリシー
郵便振替によるお支払方法銀行振込によるお支払方法イーバンクによるお支払方法
全国対応!遺産相続の手続きに必要な戸籍謄本等のラクラク取り寄せ代行 お申込みは今すぐこちらから